古町糀製造所 店主

新潟古町発、「糀」から生まれる商品の専門店「古町糀製造所」店主のブログです。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FB移転

店主のブログは、Facebookに移転しました。
リンク先をご覧ください。

https://www.facebook.com/amazake
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

味噌蔵 曵家完了

まずは曵家が完了し、壁の修復も終わりました。
木の壁も色を塗り直しましたので、ずいぶん立派になりました。

向かって右が味噌蔵の売店。
左が、古町糀製造所になる予定です。

蔵

古町糀製造所 新店舗

| トピック | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次の挑戦

古町糀製造所は、味噌蔵の経営権を取得し、事業継承を行うことになりました。
その味噌蔵は、私どもの酒蔵から徒歩3分のところにあります。明治38年に創業し今年で109年を迎えます。
味噌製造量は新潟県内でも上位で、以前は県内百貨店に味噌漬け専門店もかまえていました。
近年は業績が低迷し、後継者問題も抱えていました。
社屋と工場の敷地の一部が栗の木バイパスの道路拡張に掛かり、対応を求められていました。
大正9年頃に建てられた2つの土蔵があります。当初壊されるはずだった土蔵を曳家で保存。

蔵





写真はちょうど今行われている曳家の状況です。
ひとつは味噌蔵の売店として活用して行く予定です。
今、味噌、味噌漬け以外の商品も急ピッチに開発中なのです。
もうひとつの土蔵は、2Fに座敷をもつ珍しい土蔵です。
ここに古町糀製造所をかまえ、糀ドリンクを楽しんで頂く空間をしつらえる予定です。
もともと古町糀製造所を立ち上げたとき、まずは東京にお店をだして、
その後新潟にもどって、意味のあるお店を造りたい、と創業メンバーで話し合っていました。
それがこのような形で土蔵を残しながら、そして味噌蔵と隣り合ってお店を出せることになりました。
古町本店とはまたちがった空気感をもったお店になると思います。
酒蔵のほうでは飲食スペースも開設の予定です。
徒歩3分圏内に、米、発酵、伝統食、土蔵といった要素をもちながら、
糀、味噌、酒が集まることになります。糀ドリンクも、発酵食も楽しめる。
しかもモダンデザインでまとめながら。「デザイン観光」なんてものができるかもしれません。
個々の蔵が独立して動くのではなく、地域をブランディングしていくことも必要です。
このエリアで働きたい、というかた大募集です。
面白そうだから力を貸すよ、という方も歓迎です。
おっと! 君らの商品を売ってやるよ!という小売店さん、量販店さんも大大歓迎です!! 味噌も酒もありますよ(笑。
味噌蔵が造り出す今後の商品にはぜひご期待ください。
新しいコンセプトで表現していきます。きっと売りたくなると思いますよ(笑。
info@furumachi-kouji.com 

さて、もともとおむすび屋からはじまりました。
古町糀のホームページの古町糀物語に記載してあるように
糀屋をたちあげて、酒蔵も加わりました。
そして、その酒蔵の目と鼻の先の味噌蔵に頼まれて事業継承させて頂くことになりました。どこか遠くの味噌蔵ではなく、徒歩3分というこの偶然。
事業継承にはかなりしんどい部分があります。今の流れをそのまま継承していくのではなく、ねじ曲げて新しい軌道にのせないといけません。
かなり良い勉強になっています。

皆様引き続きどうぞよろしく御願い致します。

| トピック | 10:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新潟県知事賞 最優秀賞 受賞

「キラッと光るいいお店」新潟県知事賞 最優秀賞を受賞いたしました!


賞状



授賞式には本店店長が気合いをいれて着物で出席!
その姿は、まるで旅館、割烹の「おかみ」!

その様子はこちらから
店長の着物


そして、この着物の着付けを手伝ってくれたのは
同じく上古町商店街のWa's Styleさん。
Wa's Styleさん

Wa's Styleさんのブログにも店長が掲載されております。







| トピック | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

糀お屠蘇


【糀・お屠蘇 予約開始】
元旦の朝に神様にお屠蘇を捧げ
一家族揃って東の方角を向き年少の者から順に

「一人これを飲めば一家族疾なく
 一家でこれを飲めば一里病なし」

疾(やまい:苦しみの意)
病(やまい:病気の意)

と唱えてのみ、一年の疾病を払い
長寿を願う縁起物です。

日本酒で飲むものですが
飲酒の制限がある昨今、
日本酒ときってもきれない関係の「糀」で表現しましたので
どなたでも御召し上がり頂けます。

いわゆる漢方が入っておりますので
スパイシーな味わいです。

お正月 家族が揃った食卓に置いておくだけで
目出たいデザインにしました。
定番の白、紅白の糀はちみつ梅 とセットでも
とても奇麗です。

あまりの手間に
来年の年末はどうしようかなと躊躇するほどです。
今年は製造1回のみの限定本数です。

店頭ではまだ登場していませんので、
実物を御見せできません。
インターネットで先行予約開始です。

糀お屠蘇 ご予約

屠蘇

| 商品 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。