FC2ブログ

古町糀製造所 店主

新潟古町発、「糀」から生まれる商品の専門店「古町糀製造所」店主のブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロート製薬 × 古町糀製造所

「糀を 内からも そして外からも」


 糀を使ったスキンケア商品
 「糀肌」は 10月3日(水) 古町本店、自由が丘店 での販売をとなります。
 *松屋銀座店は、もうしばらくお待ちください。

 インターネットでは、こちらから。
ロート製薬 糀肌

スキンケア



ロート製薬さんと2年前、もう3年近くになるのでしょうか?
そのころから開発を進めていた糀スキンケアがいよいよ発売されます。
上古町商店街という静かな商店街で、小さなお店を一店舗営んでいた私どもに
ロート製薬さんから問い合わせがあったときは、とても驚きました。

ロート製薬さんと、蔵を一緒にまわり
糀が生み出される世界を感じていただきました。

記憶が定かではありませんが
確か薬の成り立ちとは
歯の痛みを和らげるのに、柳の葉?、枝?を噛むことからだったと言います。
製薬、というとケミカルなイメージがつきまといますが
自然のなかの成分の純度を高めることであるとききました。

今回世に生み出される糀の商品も
酒蔵の杜氏、蔵人がまさに手作業で生み出したものです。
それが原料として使われます。

皆様にひとつだけ知って頂きたいのでは
糀ブームで、ロート製薬さんからお声掛けいただいたのでないのです。
3年近く前のことですから、そのときは、皆さんも今ほど聞き慣れたものではなかったと思います。
糀? でしたから。
ご担当者の想いのなかで、日本の伝統的な素材で、地域から生み出されるものを
製薬会社という立ち位置のなかで何かできないか、
そんな想いのなかからはじまったことなのです。

新潟にも何度もきていただき、古町糀のお客様とも直接お会いして頂きました。
そのなかで、古町糀がどのようなお店であるのか実感をして頂きました。
蔵人たちの厳しい対応にもあいました。
ときには、このプロジェクトがダメになってしまうのではないか、そんな風に感じられることもあったようです。

この商品には、糀の可能性だけではなく
地方経済との関わり、日本の伝統、それぞれの企業の社会への役割etc
様々な想いを込めています。

肌研(ハダラボ)のロート製薬さんですから
とても良い商品に仕上げてくださいました。

お買い上げ頂きましたお客様、
ぜひ容器を良く見てくださいね。
花のようなデザインは、「糀」つまりお米です。
それが降り積もって、花になる。
糀が肌に降り積もって、整えられていく、というイメージです。

そして、容器の右後ろ側をよく見ると・・・

それは、お楽しみに!


ロート製薬「糀肌」


スポンサーサイト



| トピック | 23:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

各店舗と言う事は松屋でも買えるのですか?

| 石垣みゆき | 2012/09/14 23:15 | URL |

石垣さん、お店でも販売しますよ

| 店主 | 2012/09/15 08:18 | URL |

有り難うございます。10月に入りましたら頂戴しに伺います(*^^*)

| 石垣みゆき | 2012/09/16 21:35 | URL |

スバラシイ!

商品だけが素晴らしいのでなく、その発想、リサーチ、想い、相手様への畏敬の念、互いが、強みも弱みも含めて相違点を知り、そして、理念でリスペクトしあう!そういう姿勢や座標軸からしか、いいものは産まれてこないと思います。あとは、今までと同様に多様な価値観で育てる責務がありますね。一区切り、おめでとうございます。

| 杉本こうき | 2012/09/26 00:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koujibito.blog101.fc2.com/tb.php/106-d717fa22

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT